ショッピングカートを見る
カテゴリー
















お買い物ガイド
企業ロゴ、お店のマーク、車のエンブレムなどのオリジナル製氷皿製作ができる製氷皿専門店 Watch Your Step。

■ オリジナルサンプル例


■ オリジナル格安製作


■ オリジナル製作価格比較




10枚でもオリジナルシリコントレイ
が作れます。その理由は?


シリコンの素材について
氷のいろいろ
冷蔵庫メーカーのご紹介
雪と氷の祭りと名所のご紹介



メールマガジン
ショップ紹介
TOM

製氷皿って「氷」以外にも、いろんなものが作れちゃう!そんな製氷皿の魅力に取付かれ、イギリス、アメリカ、中国、カナダ・・・集めていたらいつのまにかお店のメイン商品に!今後もコレクションしたくなるような製氷皿をご紹介していきます!どうぞ宜しくお願いします。一度しか入荷しない製氷皿もあるとお思いますので、気になったら迷わずゲットしてくださいね。

キッチン雑貨 通販

rss atom






東芝科学館-東芝一号機ものがたりはこちらへどうぞ。
メーカサイトはこちらです。


電気冷蔵庫は家電製品のなかでも歴史は古く、圧縮式の冷凍方式を世界で最初に開発したのは1834年米国のパーキンスである。日本で初めて冷凍機を用いて氷を作ったのは、1870年(明治3)、現在の東京大学で、高熱の福沢諭吉のために少量の氷を製造したことに始まる。
これはアンモニア吸収式冷凍機で、実験室用のものであった。

現在のような家庭用電気冷蔵庫は1918年(大正7)、米国ケルビネータ社によって世界で初めて製造販売された。日本における電気冷蔵庫の歴史は1923年(大正12)三井物産が初めて輸入してから始まる。


1927年(昭和2)、東芝のエレクトロニクス事業の前身である東京電気が米国GE社製を三井物産経由で輸入販売しつつ、同時に国産化を企画。また1929年(昭和4)、重電事業の源流である芝浦製作所が研究開発を始め、1930年(昭和5)、国産第1号の家庭用冷蔵庫(SS-1200)が芝浦製作所の東京工場(現:JR大井町駅前)で完成した。


この冷蔵庫は米国GE社製をモデルに研究開発したもので、内容積は125リットル、重量157キロと金庫を思わせる堂々たる風格であった。
密閉型首ふりシリンダ圧縮機と凝縮器及び制御装置がキャビネットの上に露出したモニタートップ型が特徴である。圧縮機構は1/10馬力の4極単相誘導電動機が使用され、3本のスプリングにより密閉ケース内に支持され、騒音や振動を抑える構造。また圧縮機内の冷凍機油に冷媒が溶け込むのを防止する加熱手段を設けた発明が施された。米国GE社から出向中の役員から「日本の技術力では、開発は無理である。」と言われたが、藤島亀太郎等の努力により国産化に成功している。


その後、幾多の検討を重ねて1933年(昭和8)、芝浦製作所が純国産電気冷蔵庫として発売を始めた。この頃は「電気冷蔵器」と呼ばれ、少し遅れて日立、三菱も販売するようになった。


当時、冷蔵庫といえば氷で冷やすのが一般的だったが、その氷冷蔵庫を持っている家庭も少なく、まして価格が720円で庭つきの家が一軒買えるくらい、電気冷蔵庫は庶民にとって超贅沢品であった。


1935年(昭和10)には、圧縮機や凝縮器をキャビネットの下部に納めたフラットトップ型冷蔵庫が発売され、この頃から「電気冷蔵庫」という呼称が定着していった。
食品保存と製氷ができる電気冷蔵庫の機能は日本人のライフスタイルを大きく変え、今では冷えたビールを飲みながらナイター中継を楽しむ、そんな生活を可能にしたのが電気冷蔵庫である。



皇太子殿下(現在の天皇陛下)ご成婚など明るい話題に包まれた昭和30年代前半。

一般家庭への家電製品普及が急激に進み、冷蔵庫は洗濯機、白黒テレビと並んで「3種の神器」ともてはやされました。昭和36年、拡大する冷蔵庫需要に対応するため当時東洋一の規模を持った東芝大阪工場が誕生しました。


昭和30年代後半からは、冷凍食品・アイスクリーム等の保存ができる冷凍冷蔵庫の時代へと移っていきます。昭和41年には独立した冷凍室用と冷蔵室用の冷却器を持った1ドア2温度式冷蔵庫を開発しました。
このタイプは「1つの冷蔵庫に2つの冷却器、霜は0」ということから「1・2・0」方式と呼ばれ、これ以後しばらくの間、東芝冷蔵庫の主流となりました。


昭和50年以降は多扉化大型化が進行し、そんな中で東芝は数々の新技術を市場へ送りだしてきました。


昭和53年、背中に露出した放熱パイプをなくした「クリアーナ」を発売。市場で大好評を得ました。


昭和59年には季節やライフスタイルの変化に応じて使い分けることのできる切り替え室を備えた「優等生セレクト」を発売。この切り替え室機能は10年以上を経て平成9年「かわりばん庫」に受け継がれ、爆発的なヒット商品となりました。


さらに昭和63年には、家庭用冷蔵庫で自動製氷機能を搭載した「かってに氷」が発売となりました。冷蔵室の給水タンクに水を入れておけば、自動的に氷を作ってストック出来るというこの機能は、消費者のニーズに見事にマッチし、現在の冷蔵庫には欠かせない機能となっています。


使い勝手に着目した提案の代表が平成2年から発売されたミッドフリーザータイプの「引き出す冷凍」シリーズです。

それまでの冷蔵庫は、(例えば3ドアの場合は)上から冷凍室、冷蔵室、野菜室という配置になっていましたが、実際に一番頻繁に使用する部屋は冷蔵室という調査データをもとに、冷蔵室を一番上に配置し、その下が冷凍室、野菜室という形態を採用しました。

その結果、冷蔵室については自然な姿勢で楽に出し入れ可能となり、真ん中位置に配置した冷凍室については、引き出し式とすることにより、上から見渡せて簡単に出し入れできるというメリットが生まれました。
この一番上が冷蔵室という形態もまた、現在の冷蔵庫の主流となっています。


平成10年に、東芝独自のツイン冷却方式を採用して発売した「鮮蔵庫」シリーズ。
「ただ冷やすだけの冷蔵庫から鮮度を保つ鮮蔵庫へ」というコンセプトで、鮮度保持機能と省エネルギーという冷蔵庫に要求される2つの重要なニーズを満たすために開発したツイン冷却方式は、21世紀の東芝冷蔵庫のキーテクノロジーになると考えています。


さらに平成12年には、業界初の電気式脱臭除菌システムを搭載した「プラズマ脱臭鮮蔵庫」を発売しました。この脱臭除菌システムについては、現在、アジア市場に向けた製品にも搭載し、東芝冷蔵庫グローバル展開の核となっています。

お支払方法は、クレジット決済、代引きをお選びいただけます。



* 代引き手数料は規定の料金をいただきます。

≪ご購入金額と代引き手数料(税込み)≫




個人情報の取り扱いについて


お客様からお預かりした大切な個人情報は、裁判所・警察
機関等、公共機関からの提出要請があった場合以外、第三者
に譲渡または利用することは一切ございません。
ご安心ください。
配送業者・料金について

「クロネコヤマト」はクレジットカード決済・代引きのどちらかを
ご利用いただけます。また、配達日時の指定が行えます。

配送は日本国内のみとなります。
配送業者営業所止め、私書箱へは配送できません。



<クロネコヤマトの配達指定時間帯>


以下の時間帯をお選びいただけます。

・ 午前中 ( 午前中時間帯内での時間指定はできません )
・ 14:00 〜 16:00
・ 16:00 〜 18:00
・ 18:00 〜 20:00
・ 19:00 〜 21:00



お届けまでの納期について

2日営業日以内に商品を発送いたします。
商品のお届けにお時間がかかる場合は、別途、その旨をご連絡
いたします。


返品交換について

・ 不良品
商品到着後、3日以内に当ショップ宛にご連絡ください。
速やかに対応をさせていただきます。
連絡先:shop@wys.shop-pro.jp

・ 返品期限
商品到着後、3日以内に当ショップ宛にご連絡ください。
但し、以下の場合は返品の受付はできません。

● 商品到着後8日以上過ぎた場合
● お客様の責任で、汚損・破損が生じた場合
● お客様が一度でもご使用になった場合
● 通電後の電気製品

・ 返品送料
商品の汚損・破損・不良品・商品誤配送の場合は、
返品送料を当店で負担させていただきます。
お客様のご都合による返品・交換の送料は、
お客様ご自身でご負担くださいますようお願いします。