ショッピングカートを見る
カテゴリー
















お買い物ガイド
企業ロゴ、お店のマーク、車のエンブレムなどのオリジナル製氷皿製作ができる製氷皿専門店 Watch Your Step。

■ オリジナルサンプル例


■ オリジナル格安製作


■ オリジナル製作価格比較




10枚でもオリジナルシリコントレイ
が作れます。その理由は?


シリコンの素材について
氷のいろいろ
冷蔵庫メーカーのご紹介
雪と氷の祭りと名所のご紹介



メールマガジン
ショップ紹介
TOM

製氷皿って「氷」以外にも、いろんなものが作れちゃう!そんな製氷皿の魅力に取付かれ、イギリス、アメリカ、中国、カナダ・・・集めていたらいつのまにかお店のメイン商品に!今後もコレクションしたくなるような製氷皿をご紹介していきます!どうぞ宜しくお願いします。一度しか入荷しない製氷皿もあるとお思いますので、気になったら迷わずゲットしてくださいね。

キッチン雑貨 通販

rss atom

オホーツク沿岸の流氷(北海道・紋別市)



オホーツク紋別に流氷が現れる3月末まで流氷破砕船ガリンコ号が登場。1日7便出航し、ドリルで氷を砕きながら進む様が迫力満点です。このオホーツク海の流氷は、アムール川から流れ込んで塩分が低くなった海水が凍り、凍る過程で塩分が排出されたものといわれています。日本での流氷初日は、平年では北海道のオホーツク海沿岸で1月中旬から下旬頃、その後1月下旬から2月上旬頃にかけて接岸します。風向きによっては南下を続け、太平洋側に位置する釧路市に接岸します。寒さも、時間も忘れて、感動につつまれ3月末ごろまで見ることができます。また、北海道網走市では「流氷観光砕氷船おーろら」が運行されています。


十和田湖の雪景色(青森県・十和田市)(とわだこのゆきげしき)



青森県十和田市、秋田県鹿角郡小坂町にまたがる湖。
冬の十和田湖では新雪を踏みしめながら湖畔の散策がおススメです。雪帽子を被った岩やツララが垂れ下がる木など、雪と氷が織り成す冬景色を大満喫できます。湖上遊覧船からの眺めも最高ですが、毎年1月下旬(2月上旬) から 2月下旬には休屋で冬まつり「十和田湖冬物語」が開催され、雪像やかまくらなどを見ることができます。また、まつり期間中には20時頃から冬花火も打ち上げられます。


奥入瀬渓谷の雪景色(青森県・十和田市)(おいらせけいこくのゆきげしき)



青森県十和田市十和田湖畔子ノ口(ねのくち)から焼山までの約14kmの奥入瀬川の渓流。その渓流沿いには銚子大滝や雲井の滝など多くの滝が点在します。冬には渓流に流れ込む滝の数々は、その寒さに凍り付いて氷瀑となり、晴れた日には、きらきらと輝き滝の氷結や渓流の石に積もる冠雪の美しい光景が広がり、心が洗われるようです。この地域は、積雪も多く12月から雪が降り、渓流の雪景色が満喫できます。


八甲田山の樹氷(青森県・青森市)(はっこうださんのじゅひょう)



青森市の南側にそびえる火山群の総称で日本百名山の一つ。
映画『八甲田山』での過酷な雪中行軍シーンが有名な世界的な樹氷のメッカです。
雪の多い場所では10m以上も積もるので、天気のいい日に八甲田ロープウェーで樹氷を見物できます。この地は10月中旬には初雪が見られ、スキーシーズンは12月上旬から5月中旬までと約半年、5kmにも及ぶロングコースの滑走が楽しめます。八甲田山にはアオモリトドマツが多く植生します。そのアオモリトドマツに氷と雪がぶつかりながら徐々に大きく成長し、やがて『スノーモンスター』と呼ばれるまで大きな樹氷になります。その規模や壮観さ、豪快さにおいて山形蔵王や岩手の八幡平をしのぎ、日本一ともいわれています。近年は1月から2月にかけて見ごろを迎える日本一の樹氷鑑賞を楽しむ観光のお客様も増えています。晴れた日には、ロープウェイ山頂公園駅から、津軽平野や岩木山を眺めることもできます。


宮城蔵王の樹氷(宮城県・蔵王町)(みやぎざおうのじゅひょう)



蔵王の雄大な山並を背景に佇む樹氷は圧倒的な存在感があります。
毎年1月上旬〜2月下旬が見頃で、すみかわスノーパークのゲレンデハウスからガイドと共に雪上車で樹氷を巡る予約ツアーを開催しています。ゲレンデから蔵王エコーラインの雪道を通り山頂までの樹氷鑑賞ツアーは片道約40分、往復で約2時間弱のツアーです。暖房が完備された特注キャビンの雪上車で登ります。外気温が-10℃という寒冷の世界は刈田岳から屏風岳にかけての南蔵王稜線に樹氷原が広がります。天気が良ければ、刈田岳山頂からこれらの樹氷群が一望できます。


阿仁の樹氷(秋田県・北秋田市)(あにのじゅひょう)



秋田県北秋田市の森吉山では、蔵王や八甲田などでも見られる樹氷を鑑賞することができます。標高1,454メートル、花の百名山や樹氷で知られる森吉山の山頂。気軽に360度の壮大なパノラマが楽しめます。森吉山の麓にある阿仁スキー場のロープウェーを利用して阿仁ゴンドラで約15分、標高1,200メートルの山頂駅から、なんと徒歩5分の場所から観賞できます。日光を反射しながら妖艶に佇む様は、まさに大自然が生み出した芸術品そのもの。山頂の樹氷総合案内所では、一日2回、樹氷教室が開かれ、樹氷のできかたや仕組みを紹介しています。


山形蔵王の樹氷(山形県・山形市)(やまがたざおうのじゅひょう)



山形蔵王温泉スキー場は、単独のスキー場としては日本で最大の面積を誇るゲレンデがあり、スキーのメッカ。このスキー場の頂上付近から、ロープウェーの眼下に広がる膨大な樹氷を楽しめる。地元ではアイスモンスターとも呼ばれ、蔵王連峰の類まれな気象条件が生み出す、雄大な自然の芸術品です。その樹氷の見頃に開催されるのが『蔵王樹氷まつり』。2月の全日と1、3月の週末の夜間に様々なカラーで樹氷のライトアップが行われ、色とりどりの光に染まる樹氷林は、幻想的な雰囲気に包まれます。山頂駅の屋上から樹氷原を見わたすことや樹氷原の中をスキーで滑ることができます。


山寺の雪景色(山形県・山形市)(やまてらのゆきげしき)



宮城県との県境にあり、860年に宝珠山に開かれた広大なお寺です。通称“山寺”と呼ばれるように、長い1015段の石段が続く絶景の雪見スポットとして有名な立石寺。また、古くから名刹として知られ松尾芭蕉も奥の細道で訪れて「閑さや岩にしみ入る蝉の声」で、あまりにも有名なこの句は、ここ立石寺で詠まれました。冬になると 訪れる観光客の数も少なくなります。境内の中でも五大堂からの眺めは美しく、雪が降り積もる山並みを望め、 雪化粧をした村が日常とは違った雰囲気を醸し出します。まさに絶景の水墨画のようで、その光景に心が癒されます。


雪見の最上峡芭蕉ライン舟下り(山形県・戸沢村)(ゆきみのもがみがわばしょうらいんふなくだり)



芭蕉が俳句に詠んだ最上川を、舟頭の舟唄を聞きながら約12kmの最上峡をゆっくり下って行きます。水墨画を思わせる冬景色をゆったりと見ながら下る約1時間の舟旅。自然のままの雪景色の川下りは風情満点です。予約すれば舟内で鍋料理も味わえます。また、 12/1から3/末日の冬季限定運行される一部の船にはこたつ舟があり、船内にこたつが用意してあります。くつろぎながら雄大な自然の中を大小数々の滝を眺めたり、雪景色を楽しめます。


大内宿の雪景色(福島県・下郷町)(おおうちやどのゆきげしき)



江戸時代に会津西街道の宿場町として会津若松と日光街道の今市を結ぶ重要な街道の宿場町として賑わった大内宿。当時は数万俵の廻米や、生活物資、参勤交代の大名行列や旅人がこの街道を行き交い、旅の疲れをいやしていました。明治17年、現在の国道121号線の開通により大内宿は、人々から忘れ去られ、萱葺き屋根の面影を残しながらとり残されるようにひっそりと残ってきました。冬は雪深い会津地方の山間部にある為、降り積もる雪の量もかなりの量になります。毎年開催される「大内宿雪まつり」では、街道沿いに無数の雪灯篭が設置され、萱葺き民家が雪に覆われる様子を見れば、思わずふるさとの懐かしさが込み上げてきます。


袋田の滝の氷瀑(茨城県・大子町)(ふくろだきのひょうばく)



「袋田の滝」は、茨城県北端の大子町にあり高さ120m、幅73mを誇る巨大滝は日本三名瀑に数えられる。例年1月に入り冬の寒さが続くと、滝の水の凍結がはじまり、気温の低い日が続けば、滝の氷が厚さを増し、完全凍結した「氷瀑」を見られることもあります。凍結した氷瀑は神秘的なほど美しく、まさに自然が生んだ巨大な氷の芸術品。目の前にそびえる迫力に圧倒されてしまいます。また、夜はライトアップされ、優美で幻想的な冬の風景を演出してくれます。昼間の滝とは違った表情をお楽しみください。


阿賀野川ライン雪見舟(新潟県・阿賀町)(あがのがわらいんゆきみぶね)



新潟平野のシンボル阿賀野川は、遠く福島県の荒海山を水源とし、全長210km、日本で5番目に長い河川。川下り舟を冬季限定運行の雪見舟として運行しています。なかでも、真冬の雪見舟は、雪国でしか体験することのできない、まるで墨絵のような景色を楽しむことができます。国道49号線沿いにある道の駅「阿賀の里」から乗り、取上観音を越えてから咲花温泉を経て阿賀野川を往復し、約40分間遊覧して出発点へもどります。雄大な阿賀野川の水面から眺める雪景色を楽しむことができます。純白の渓流をじっくり堪能してください。12月下旬から3月上旬まで楽しめます。男性の船頭さんの他には三人の女性船頭さんもいます。


五箇山合掌造り集落の雪景色(富山県・南砺市)(ごかやまのがっしょうづくりしゅうらくのゆきげしき)



日本有数の豪雪地帯でもある五箇山。そのような風土から傾斜の急な大きな屋根を持つ「合掌造り」と呼ばれる茅葺きの家屋は、五箇山と白川郷のみに現存する大変貴重な民家の形式で1995年にユネスコの世界遺産(文化遺産)にも登録されました。五箇山には相倉(あいのくら)、菅沼(すがぬま)の両集落があり、趣深い合掌造りの建物が一面の銀世界に映える景観は、まさに荘厳の一言。相倉集落は、23棟の合掌造り家屋が残る。また、菅沼集落は、ありのままの自然に抱かれた9棟の合掌造り家屋が残る集落で、特にのどかで閑静な環境の集落です。合掌造りの家屋が雪の中に堂々と佇む姿は風情満点です。夜になればライトアップも行われ、より幻想的な世界を体感できます。


地獄谷野猿公苑の雪景色(長野県・山ノ内町)(ゆきのじごくだにやえんこうえんのゆきげしき)



長野県の北部、上信越高原国立公園の志賀高原を源とする横湯川の渓谷に位置します。標高850メートルのこの地は、一年のほぼ1/3が雪に覆われる厳しい環境です。地獄谷温泉の最奥にある野生のニホンザルの保護観察施設が地獄谷野猿公苑です。猿が露天風呂に入る姿を見学できることで知られています。降りしきる雪の中、心地よさそうに露天に浸かる愛らしい姿を一目見るだけで心が癒されます。1964年開苑以来、ニホンザルの生態を間近で観察でき、さらに世界的にも温泉に入るサルとして、広く人々に知られています。温泉に入る理由は、餌づけに成功してから、エサを待つ間に子ザルが野猿公苑の近くの温泉宿の後楽館の露天風呂に入ることを覚え、他のサルもつられて温泉に入リ始めました。そこで、サルが宿の風呂に入っては衛生上好ましくないので野猿公苑内にサル専用の露天風呂を造ったのが始まりです。以来、代々、サルたちの間に温泉に入る行動が受け継がれています。また、サルはヒトと比べると湯冷めをしにくく、−10℃を下回る冬の地獄谷の厳しい寒さをしのぐために身につけた知恵でもあります。


白川郷の雪景色(岐阜県・白川村)(しらかわごうのゆきげしき)



白川郷は五箇山と合わせて合掌造り集落として、1995年12月ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。雪深い里で合掌造りの民家は、冬は外界から閉ざされたような白銀の世界に変わり、合掌造りの集落が 1メートル以上の豪雪に覆われた姿は、まるで水墨画のようです。豪雪地帯特有の気候に対応するために生み出された先人の知恵や工夫が今なお引き継がれており、日本の原風景が見られます。 また、雪の量によっては、1階が雪で埋もれてしまうこともあるため、いざという時には2階からも出入りができるように扉がつけられている建物もあるほどで、積雪が2メートルを超えることもある豪雪地帯です。この白川郷の合掌造り集落の全景を見下ろすポイントとして良く知られているのが荻町城址です。国道156号線沿いにある村営せせらぎ公園駐車場の入口にある白川郷バス停から乗車すると、10分ほどで展望台そばの駐車場に到着できます。合掌造り集落のライトアップも1月下旬から2月上旬にかけて1週間ほど行われます。その期間は、大勢の観光客やカメラマンで混雑するほどの賑わいをみせます。


お支払方法は、クレジット決済、代引きをお選びいただけます。



* 代引き手数料は規定の料金をいただきます。

≪ご購入金額と代引き手数料(税込み)≫




個人情報の取り扱いについて


お客様からお預かりした大切な個人情報は、裁判所・警察
機関等、公共機関からの提出要請があった場合以外、第三者
に譲渡または利用することは一切ございません。
ご安心ください。
配送業者・料金について

「クロネコヤマト」はクレジットカード決済・代引きのどちらかを
ご利用いただけます。また、配達日時の指定が行えます。

配送は日本国内のみとなります。
配送業者営業所止め、私書箱へは配送できません。



<クロネコヤマトの配達指定時間帯>


以下の時間帯をお選びいただけます。

・ 午前中 ( 午前中時間帯内での時間指定はできません )
・ 14:00 〜 16:00
・ 16:00 〜 18:00
・ 18:00 〜 20:00
・ 19:00 〜 21:00



お届けまでの納期について

2日営業日以内に商品を発送いたします。
商品のお届けにお時間がかかる場合は、別途、その旨をご連絡
いたします。


返品交換について

・ 不良品
商品到着後、3日以内に当ショップ宛にご連絡ください。
速やかに対応をさせていただきます。
連絡先:shop@wys.shop-pro.jp

・ 返品期限
商品到着後、3日以内に当ショップ宛にご連絡ください。
但し、以下の場合は返品の受付はできません。

● 商品到着後8日以上過ぎた場合
● お客様の責任で、汚損・破損が生じた場合
● お客様が一度でもご使用になった場合
● 通電後の電気製品

・ 返品送料
商品の汚損・破損・不良品・商品誤配送の場合は、
返品送料を当店で負担させていただきます。
お客様のご都合による返品・交換の送料は、
お客様ご自身でご負担くださいますようお願いします。